結婚相談所のお見合いでは、
結婚相手に対して求める事の譲れない条件を決める事が大切です。

たとえば、年齢、学歴、身長、顔の好み、年収、仕事の力、家事の力などなど。

しかし、条件を出していくほど理想通りの人がいるわけがないという事に突き当たってしまいますよね。

また性格的にも色々あります。相性という、大問題があります。
フィーリングも相性に含まれるでしょうか?

「どんな人が良いか?」という質問に対して
よく、「フィーリングの合う人」という答えがありますが、
しかし、フィーリングが合うからといって、結婚相手として判断するのは厳しいものがあります。

それだけで考えていくのは危険です。
何事も感覚的な漠然としたものを中心にして、お見合いをすすめていくのは危ないものがあります。

趣味の合う人、というのもあまりおすすめできません。フィーリングと同様に危険です。

趣味というのは、お互い大事なものなので、最初は合っていても、考え方が合わないと思うとイライラしてしまったりします。
よくありますよね、同じアーティストが好きでも、古参のファンが、にわかファンを嫌う、みたいな事。

ですので趣味の合うという事と、結婚相手を重ねていくのはおすすめしません。

ちなみに〝趣味の違い〟はお互いに人間的な幅が広がり良いです。夫婦として違う分野に詳しい部分があるのも刺激になり、楽しいですよ。